めーぷるのおもちゃばこ

- アイドルになりたいエンジニア女子の制作日記 -

【Unity】AR Foundationの導入とビルド方法

AR KitとAR Coreの両方をUnityで使用できるマルチプラットフォームAPI、AR Foundationを使ってみたので最初の導入とiOS、Androidそれぞれにビルドするところまで備忘録として書いておきます!🐼

AR Foundationの導入

Package Managerで簡単に導入できます。Window>Package ManagerでPackageManagerを開きます。

f:id:maplesyrup-cs6:20190912122136p:plain
PackageManagerを開く


その中から
・AR Foundation
・ARCore XR Plugin
・ARKit XR Plugin

の3つをインストールします。

f:id:maplesyrup-cs6:20190912122316p:plain
インストール


インストールできたら、ヒエラルキーからMainCameraを削除して、上メニューの GameObject>XRからAR Session OriginAR Sessionをシーンに追加します。

f:id:maplesyrup-cs6:20190912122708p:plain
AR Session OriginとAR Sessionを選択


現在ヒエラルキーはこんな感じです。これで最初の導入完了です。

f:id:maplesyrup-cs6:20190912122932p:plain
ヒエラルキーこんな感じ
ーーー


iOSでのビルド方法

まずiOSへのビルドです。まずはPlayerSettingsからプラットフォームをiOSで選択し、Switch Platformします。
そのあと、Player Settingsを開き、OtherSettingsの中の、Camera Usage Discription(カメラ使用しますぞのメッセージ)を入力します。

f:id:maplesyrup-cs6:20190912123854p:plain
Camera Usage Discriptionの入力


続いて、同じくOther Settingsの中の、ArchitectureをARM64にします。

f:id:maplesyrup-cs6:20190912124055p:plain
Architectureの変更


これでiOSビルドの準備オッケーです。ビルドしてみましょう。

f:id:maplesyrup-cs6:20190912125902p:plain
わっふん!(わかりやすくするためCubeを追加しました。)


Androidでのビルド

今度はAndroidでのビルドです。PlayerSettingsからプラットフォームをAndroidに変えてSwitch Platformします。
続いて、Other Settingsの中のMinimum API Levelを24(Android7.0)以上に設定します。

f:id:maplesyrup-cs6:20190912124422p:plain
Minimum API Levelの変更

同じくOther Settingsの中のAuto Graphics APIにチェックを入れます。

f:id:maplesyrup-cs6:20190912124728p:plain
Auto Graphics APIにチェック


これでAndroidへのビルドが通ります。

f:id:maplesyrup-cs6:20190912130620p:plain
わーい!(Androidのスクショの撮り方わからなかった最弱野郎)


これで導入とiOS、Androidそれぞれのビルドができました。とりあえずここまで
ここから開発に関しても後日書いていけたらと思います。🐼