めーぷるのおもちゃばこ

- アイドルになりたいエンジニア女子の制作日記 -

【Python】Pyenvのインストールとバージョンのインストール、バージョンの切り替え🐼

Pyenvのインストールと、PyenvでのPythonのバージョンのインストール、バージョンの切り替え方の備忘録。

Pyenvのインストール

Pyenvのインストール

brew install pyenv


PATHを通す。~/.bash_profileに以下のをvimで書いて(echoコマンドとかgedit などでも)、

   export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
   export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
   eval "$(pyenv init -)"

sourceコマンドで反映。

$ source .bash_profile

ーー


Pyenvでバージョンのインストール

Pyenvでインストールできる環境を調べる。たくさん出てきます。

$ pyenv install -l
Available versions:
  2.1.3
  2.2.3
  2.3.7
  (中略)
  2.6.9
  2.7-dev
  2.7
  2.7.1
  2.7.2
  (中略)
  2.7.14
  2.7.15
  3.0.1
  3.1
  3.1.1
  3.1.2
  (中略)
  3.7.1
  3.7.2
  3.8-dev

バージョンを選んでインストール

$ pyenv install 2.7.x

その際にこういうエラーが出た時は、

ERROR: The Python zlib extension was not compiled. Missing the zlib?

Please consult to the Wiki page to fix the problem.
https://github.com/pyenv/pyenv/wiki/Common-build-problems


BUILD FAILED (OS X 10.14.5 using python-build 20180424)


こうやればいけるらしい。(いけた)

$ CFLAGS="-I$(xcrun --show-sdk-path)/usr/include" pyenv install -v 2.7.xx


これでなおらない場合は、XCode command line toolsの再インストールをしろと書かれているとのこと。

$ xcode-select --install


インストールできたらバージョンを確認してみる

$ pyenv versions


今回は2.7.7をインストールしたので、無事インストールされています。

  system
  2.7.7
* 3.7.2 (set by /Users/usr_name/.pyenv/version)


現在のバージョンの確認

$ python --version

現在のバージョンの確認をしてみると、もともとインストールしていた3.7.2のままでした。

Python 3.7.2

バージョンを、先ほどインストールした2.7.7に切り替えます。

バージョンを切り替える

globalにすると全体に、localにするとカレントディレクトリに指定したバージョンが反映されます。
そのあとバージョンを確認したら無事変更できていました。

$ pyenv global 2.7.7
$ python --version
Python 2.7.7

$ pyenv local 2.7.7
$ python --version
Python 2.7.7